ヨッシーらいふ

編み物、レザークラフトなどなど・・・物をつくるのがすきです。 書道も師範試験合格めざしてがんばっています。 さらにヘタレっぷり満載のツーレポありの手当たり次第ヨッシーらいふです。

そういえば今回の旅行のタイトルは「米沢&会津満腹ブーブー旅行」 でしたね。
しかし裏ミッションもあったのです。

それは 「ぼろっちぃ散策の旅」 です。

私にはちょっと理解できないディープな世界です。
米沢から会津にむかって13号線をひたすら走る予定でしたが、ちょっと寄り道。
新幹線つばさが走っている線路、奥羽本線?の駅を数箇所散策ですが
これがまた廃駅になっていたり、新幹線が走るため新しい駅が併設されていたりといろいろ。
米沢ー福島の県境なものですから当然標高が高い!!!
朝から雨が降りそうな天気だったせいもあり山はガスってます。
天辺どころか、中腹も見えません。
どうですか、このガスリ具合・・・・↓
P1150020_1280.jpg

しかしこんな時も忘れちゃいけない「ブーブーポイント4つ目」
「峠」という駅の近く?隣?にある「峠の茶屋」
ここにある餅が旨いんだと。
峠の駅にも寄らなければいけない!!!とのことだったので「峠の茶屋」でお昼にすることにしました。

P1010624_1280.jpg     P1010622_1280.jpg

標高が高いせいか寒かったので峠名物「力餅」はお土産にすることにして
「山菜雑煮」と「山菜のてんぷら」を注文しました。
山菜のてんぷらもタラの芽、こごみ、ふきのとう等美味しかったな~
山菜雑煮もよくある瓶詰めの山菜ではなく取って来た山菜が入ってました。
こちらも当然美味しかった~
P1010618_1280.jpg     P1010616_1280.jpg

これが「力餅」↓中にこし餡が入ってます。大福に近い感じですね。旨かった!!
P1010689_1280.jpg


満腹になったところで「峠の茶屋」をあとにし、13号線に戻ることに。

しかしここで 大大大事件勃発

迷ナビゲーションの私道を間違えました。
対向車とすれ違うことが困難なガスってる道を延々と登り行き止まりの温泉についちゃいました。
そういえば峠のおじさんが「13号線まで15分くらいですぐだよ。温泉に行った人よくこの茶屋までくるんだよね~」って言ってた。
道も良いって言ってた。今来た道は超最悪。マイナスイオン満載の新緑の山道だとしてもマイナスイオン効果マイナスです。
半泣き 号泣で戻ります。またこの道通るのかよぉぉぉぉ
無事に13号線に入ったら快適走行。なんだったんだ、あの道は。あの苦労は。
全てナビ失敗からくるやつだすな。反省。
ということで快適に福島に入り、磐梯吾妻スカイライン、レークライン、ゴールドラインと走行。
また超マイナスイオンかと思いましたが、標高が高くなるとすごく見晴らしが良く下に雲海が広がってました。雲海=超マイナスイオンだったりするんだよね。
P1010647_1280.jpg     P1010651_1280.jpg

P1010653_1280.jpg     P1010657_1280.jpg


秋の紅葉シーズンにしか来た事なかったので、雪が残る景色もなかなか良いものでした。
ところどころに残る白がとっても綺麗ですよね。
途中雪の壁もあり、遠くに磐梯山(たぶん)が綺麗に見えました。(吾妻山かも。)
スカイラインでは浄土平綺麗ですね。とても幻想的でした。
また行って見たいコースです。(米沢から攻める峠の茶屋はのぞく)
コメント

峠の茶屋行ったv-222
力餅美味しいよねv-290

温泉は滑川に着いた? それとも姥湯?
ウチが峠の茶屋に行く時は『姥湯温泉』が目的!
とても良いお湯なので、お薦めですe-369
2008/05/30(金) 23:31:40 | URL | ペネロペ #-[ 編集]

>ペネロペさん そこの温泉人気のある温泉だったのですね。そういえば霧でほとんど見えないのに温泉は人でいっぱいでした。
峠の茶屋をでてすぐ右折して滑川温泉で引き返してきました。次回は温泉目的で天候の良いときにいってみたいです。
姥湯温泉までず~っとあんな感じの道路ですか?
2008/06/01(日) 22:39:26 | URL | ヨッシー #jk2GnYe6[ 編集]

姥湯までずーっとあんな感じ、というか更に険しい山道かもv-290
以前より、徐々に道は良くなってきてるみたいなので、是非是非v-48
何より、良いお湯ですからv-14
2008/06/02(月) 13:39:35 | URL | ペネロペ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hakurohshihan.blog60.fc2.com/tb.php/486-fc939587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック