ヨッシーらいふ

編み物、レザークラフトなどなど・・・物をつくるのがすきです。 書道も師範試験合格めざしてがんばっています。 さらにヘタレっぷり満載のツーレポありの手当たり次第ヨッシーらいふです。

寺町に入ったら怖いくらいに快調です。

十三番 旧地蔵堂☆普伝寺内(寺町)

のちのよをねぶがふこころはかろくともほとけのちかひおきいしやま

P1000115-40.jpg


ちょっと写真が暗いのですが、なにしろここが一番大混雑。
しかも十三番は普伝寺内にある地蔵堂なので、写真のところではありません。
地蔵堂は門を入ってすぐ右手にありました。
普伝寺は十三、二十、二十一、二十二と四つも一気に引き受けているお寺でした。
それぞれ四つの歌を歌っている皆さんの声で大合唱でした。
本来ある札打ちはこうなんだろうなと思いました。
(あくまでも私のイメージです)

十四番 大悲寺(寺町) 

いついるやなみまのつきはみゐでらのかねのひびきにあくるみづうみ

P1000116-40.jpg


十五番 妙覚寺(寺町)

むかしよりたつともしらぬいまくまのほとけのちかひあらたなりけり

P1000117-40.jpg     P1000118-40.jpg


妙覚寺さんでは中に観音様?が沢山ありました。もしかしたら三十三体あったのかな。
雪の灯篭も作ってありました。とても幻想的で綺麗でした。
ここ妙覚寺さんでは素敵アイテムをゲットしました。
「札打ちマップ」です。三十三番札所の番号と地図です。
これさえあればサクサク廻ることができそうな感じでした。
できれば中盤ではなく始めに手に入れたかったですね。
妙覚寺さんでは暖かいお茶もいただきました。



つづきまして、ちょっと前に移動することで話題になっていた歓喜寺です。

十六番 歓喜寺(寺町)

まつかぜやおとわのたきはきよみずのむすぶこころはすずしかるらん

下北手の方に移転したためそっちまで行かなければいけないのかと心配でした。
こんな文章の張り紙が・・・・
「十六番札所は光明寺さんにお願い致しました。」
ホッとしましたが、このようにだんだんと札所が少なくなっていくのかな?と思いました。
お寺さんによっては誰もいない札所もあれば、鉦を叩いて歌ってくれる札所、お茶や甘酒などの暖を取れるように心遣いのある札所などさまざまです。
というわけで善長寺に向います。

十七番 善長寺(寺町)

おもくともいつつのつみはよもあらじろくはらだうへまいるみなれば
P1000119-40.jpg     P1000122-40.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hakurohshihan.blog60.fc2.com/tb.php/417-98fae5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック