ヨッシーらいふ

編み物、レザークラフトなどなど・・・物をつくるのがすきです。 書道も師範試験合格めざしてがんばっています。 さらにヘタレっぷり満載のツーレポありの手当たり次第ヨッシーらいふです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月15日の深夜。
日付的には16日午前零時に札打ちに出かけました。

こをちゃんのお義母さんに誘われた札打ちですが、
私はまったく札打ちの存在そのものがわかりませんでした。
職場や家族に尋ねても???みんなわかりません。
札打ちとは「西国三十三番札所御詠歌」を巡礼することのようでした。

「亡くなった近親者の戒名を記した木札を三十三枚用意し、家族親類が御詠歌を唱えながら
三十三番札所を巡礼。お寺に戒名を記した木札を打ちつけ故人の成仏を祈る。亡くなってから三年つづけて参加する」とありました。

私にも御詠歌(ふだらく)はわかりました。
よくお葬式の「おだいや?」で唄う歌のことですよね。
必ず近所に「ふだらく」の上手なお年寄りがいて、音頭を取って唄ってました。
その「ふだらく」の教本を見ると、確かに三十三番まであります。
さらによく見るとお寺の名前らしきものが書いてありました。
どうやらその順番にお寺を巡礼するようです。

さて早速一番の番所目指して出発です。
寒さ、空腹対策もばっちりです。
一番の札所は天徳寺近くの熊野神社です。
ちょうど12時頃天徳寺付近に到着。時間もばっちりです。

・・・・・・が・・・・・ 肝心の熊野神社がわかりません

いったい何処にあるのでしょうか・・・・・
車で天徳寺周辺をぐ~るぐ~る周り、日にちを間違ったのかと心配になり
寺町周辺をぐるぐる。寺町で札打ちやってるのを確認し再度天徳寺周辺へ。
やっと見つけました。熊野神社。天徳寺よりも手形よりでした。
急な階段を登ると、御詠歌と鐘の音が聞こえてきます。

P1000094-40.jpg     札打ち


すでにこの熊野神社を探しているあいだに沢山の人が札打ちをしていったようです。
熊野神社に到着したのは1時近くでした。

 一番 熊野神社(泉)
    
   ふだらくやきしうつなみはみくまののなちのをやまにひびくたきつけ

二番札所まで迷ったら大変と思い、焚き火を焚いてくれていた方に場所を尋ねてみました。
そうすると、林の中を指差し、「この下にあるよ。」

・・・・続きはまた明日。波乱万丈☆札打ちの始まりです。
コメント

うちの地元でも、葬儀や法事と言えば御詠歌でした。
チンチン鳴らしながら、大合唱(大熱唱)します。
33番までフルコーラスで歌うから長いんだよね。
歌詞はいいけど、やたら長いのが嫌いでした。
ところで、1、2、3番の札所は和歌山のお寺で、
那智山、紀三井寺、粉河寺だったと思います。
これは西国三十三番の秋田バージョンなのでしょうか?
2008/01/18(金) 08:21:31 | URL | M氏 #-[ 編集]

>M氏 いままで意味も分からず詠っていた御詠歌ですが、よく読んでみると三十三番にかけて成仏するように極楽浄土へ行けるように故人の為に詠っている歌だったんですね。歳を取ってその良さがわかるようになってきました。
1~3はM氏のおっしゃる通りです。各地に西国三十三番バージョンあるみたいですよ。遠くで大変だからというのも理由のひとつみたいです。
変な話途中からスタンプラリーみたいでした。
2008/01/20(日) 23:57:39 | URL | ヨッシー #0MXAa2aA[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hakurohshihan.blog60.fc2.com/tb.php/414-c7e1be1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。