ヨッシーらいふ

編み物、レザークラフトなどなど・・・物をつくるのがすきです。 書道も師範試験合格めざしてがんばっています。 さらにヘタレっぷり満載のツーレポありの手当たり次第ヨッシーらいふです。

8月28日 マングローブクルーズ に行くことにしました。

カヤックで行くコースもありますが、今回は船でめぐるマングローブクルーズです。
ガイドは日本語堪能なジェフリー。(左です)
ペラペラです。名古屋に9年いたそうです。
P8280376-1.jpg

そして右側の彼はジェフリーの相棒ファイズ。(通称ファイなんですって)
彼らのHPでぜひチェックしてみてください。
ランカウイ南国アドベンチャー

今回のクルーズのコースです。
20070915222716.gif

みなさんはマングローブって何かわかりますか?
私は熱帯地域で淡水&海水で生息することのできる奇妙な形をした樹木???くらいしかわかりませんでした。
ガイドのジェフリーの説明によるとマングローブは「浮かんでる森」「マンガル」(ポルトガル語)+「小さい森」「グローブ」(英語)の合成語で、『マングローブ』になったそうです。
また和名では沖縄の古い書物に記されている「漂木(ひるぎ)」が使われてます。
さらに「マングローブ」は植物単体の名前ではなく、海水と淡水が入り混じる沿岸に生育する植物群(ヒルギの群生)の総称を言うようです。

P8280353-1.jpg
ホテルに迎えにきてくれたジェフリーの車にのってマングローブ目指して移動です。

船着き場に到着。
桟橋を挟んで左が川(淡水)右が海(海水)です。
FH20080828-2.jpg

このマングローブクルーズマングローブを見るほかにも、マングローブに生息する生き物を見れる!!!イベントもあるのです。
今回見たのは猿と鷲。
CA20070828-1.jpg     P8280360-1.jpg

やっぱりイーグルかっこいいです。
飛び方、木に留まっている姿。さすが生態系のトップにいるだけあります。
トンビが沢山いたのですが、格段の違いがありました。
写真には撮れませんでしたが、大きなトカゲ?もいましたよ。
残念ながらカワウソは見れませんでした。
出発してすぐ猿の写真のところで船を止め、猿の観察&マングローブの講義。
CA20070828-2.jpg     CA20080828-3.jpg


なんか浮いてます。拾ってみるとマングローブの種

プカプカ浮いて移動するんです。いつでも根を下ろす準備は万端のようです。
丸くて根っこの生えたのがヤエヤマヒルギの種。本当は木になったまま成長し胎生種子というのをのばすみたい。
その隣はオオバヒルギの胎生種子(30cmくらいあったの折ってあります)
断面をよく見るとフサフサした毛があります。
これは海水を漂ってる間に種子の中に水が入らないようにするためらしいです。
だから腐らず長い間漂流することできるんですね。
まだまだありますが今日はここまで。




コメント

サルがなんだかやつれてない?
そのやつれ加減がカワユスだすなぁ
2007/09/16(日) 01:08:00 | URL | ヤスー! #-[ 編集]

アパチャイのガイドはよかったみたいですね。
ジャングルの虫どうでした?B型でも生きていけそうですか?
2007/09/16(日) 12:38:58 | URL | ヤスタロー #-[ 編集]

自然満喫いいなぁ・・。
コレは自分で漕ぐの?
2007/09/17(月) 10:32:35 | URL | 猫マニヤ #-[ 編集]

>ヤスーさん きっとこの猿が標準です。ホテルの猿はおやつを沢山貰ってそうでしたから。

>ヤスタローさん B型の私(見えないでしょ)が大丈夫だったので全然問題ありません。逆に帰ってきてから蚊にやられました。

>猫マニヤさん 本当にマングローブ楽しいですよ。ちなみに今回のは船なので漕がなくて良かったんです。カヤックは途中まで船で自分達で漕ぎながらマングローブの中を散策です。間近で見れるのが最高らしいです。
2007/09/18(火) 20:32:59 | URL | ヨッシー #jk2GnYe6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hakurohshihan.blog60.fc2.com/tb.php/359-2973e477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック